パソコンパーツと呼ばれるものとは?

パソコンはさまざまな部品から成り立っており、それらに使われるものはパソコンパーツと呼ばれます。

壊れたり性能を高めるといった場合には、このパーツを交換するといったことが可能で、その種類を知っておくことが大事です。パソコンパーツとしては、ケース、電源、マザーボード、CPU、メモリー、HDDまたはSSD、光学ドライブ、ディスプレイ、ビデオカードですが、いくつかに分類できます。パソコンパーツの分類としては、収納するケースが必要でこれはパソコンケースと呼ばれるものです。またパソコンは電気が必要ですが、その電気も電子部品が利用するために適した電圧と電流に返還する必要があり、そのために小さな変電装置である電源は欠かせません。

一方でパソコンの頭脳と言えるのがCPUで、これは日本語で中央演算処理装置と呼ばれるようにさまざまな情報の処理を行うものです。ただCPU単体では作動することはなく、機器から入力される情報をコントロールするマザーボードが必要で、情報を一時的に記憶しておくメモリーも必要です。またパソコンを動かすためには、WindowsなどのOSと大量のデータを記憶しておくためにHDDやSSDがなければなりません。

光学ドライブは、以前は欠かせないものでしたが、現在では搭載されない機種も増えています。一般的なパソコンであればマザーボードにディスプレイに映像を出力するための機能がありますが、より高性能な映像処理をさせる場合にはビデオカードを別に取り付ける場合があります。これらがパソコン本体のパーツです。このほか映像を見るためのディスプレイやキーボードやマウスなどの操作機器もパソコンパーツに含まれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *