パソコンパーツの処分

パソコンパーツの処分は、パソコン単位で考える時と、パーツ単位で処理する場合で違ってきます。

古くなったパソコンをまるごと捨てたいケースでは、メーカーの回収を利用するのが基本です。メーカーにはその義務があるので、年代物の古い製品でもなければ、引き取ってもらえる可能性は高いです。レアでプレミアが付いているものなら、オークションなどで高値が付く場合がありますから、売却を考えるのも1つの手です。

自作などで回収が受けられなかったり、買い手を見付けられない時は、民間の回収サービスを利用することができます。中には無料で引き取ってくれる業者も存在するので、処分したいパソコンパーツが回収条件を満たすか確認したら、箱に詰めて発送するだけと簡単です。パソコンパーツを取り外したりケースを処分した後で、手元にパーツだけ残っている場合は、個別に処分方法を検討する必要があります。

自治体によってはゴミとして処理を行っていますが、レアメタルなどの希少資源が含まれているので、やはり捨ててしまうのは考えものです。民間で回収してもらえるならサービスの利用を行い、パソコンパーツショップで回収していないか尋ねてみるのも賢明です。値が付かないパソコンパーツであっても、ショップであれば回収してくれたり、リサイクルに回してもらえる場合があります。比較的新しくて使えるものは再利用を検討する、古かったり故障しているパーツはリサイクルを前提とした回収を利用することが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *